3mix-mpはもう古い?一般の 3mix-mp が効かない3つの理由

Delivery Systemは病巣部から離れたところに抗生物質を置き、象牙細管に抗生物質を浸透させtargetの病巣に効かせる方法です。

上の写真はDelivery Systemを使用しないで密閉、下はDerivery Systemを応用し確実に密閉したもの。浸透力の違いに注目(大前歯科大前岳人先生提供)

月見歯科での実際の症例

targetの病巣が完全に消失しています。

一般の3mix-mpが効かない訳

ご注意

新しい3mix-mp法は素晴らしい治療法で効果もありますが、万能ではありません。抜歯しなければいけない歯をぬかないで済むばあいもありますが、歯根が割れた場合などは効果が望めません、またCYST摘出など外科的な処置をしてまた腫れてきた場合など効果があまり期待できないケースや、治るとおもって処置しても効果がないケースもあります。ニュースなどで取り上げられ過剰な期待をされる傾向がありますが、新しい治療法は良い効果だけどか、悪い噂だけが一人歩きしがちです。ご注意下さい。

また、削らない、痛くない治療法と書かれていますが、削らないというのは極端だと思います。乳歯では削らないですることもありますが、削らないと接着は困難です。既存の治療方法を差し置いて、この治療方法のほうが断然メリットがあるような書かれ方がされていますが、そうではありません。既存の治療方法で可能な治療は既存の治療方法でするのが原則です。それが不可能な時、もしくは応急処置をするときに有利なだけです。これでやってみて様子を見るとか、抜歯適応の歯にやってみて残るようなら残すとかには効果があります。神経を残せないほど虫歯が進んでしまった症例、もしくは抜歯するほど虫歯が進んでしまった症例が適応で 本来小さな虫歯は適応ではありません。

一般の3mix-mpが効かない3つの理由

一般的な3mix-mp法は下記の症例報告に示す様な症例はそんなに無いようです。それは何故なのでしょうか?すべて密閉性に関係しています。

  1. 密閉する材料がフジナインという操作性の悪い材料を使っている
    3mixの命は密閉性です、いかに素早く確実に密閉するかに予後が左右されます。完全に密閉するには操作性の良い材料を使うことが必要です。
  2. 薬の使用する量が多すぎる
    これも密閉性に関わることです、量が多いと密閉が困難になります。密閉に状態に効果が左右されるので、量が少なく確実に密閉される必要があります。
  3. 削らない
    これも密閉性に関わる問題です。密閉性を高めるには辺縁封鎖を確実にする必要があります。辺縁封鎖を確実にするには健全な歯質をできるだけ多く出す必要があります。効果を高めるには削る必要があります。3mix-mpは薬が浸透して作用するため、3mix-mpを置く場所は汚染されていてはいけません。作用を持続させるには、汚染した場所においた場合は再度汚染した部分を除去して埋め直す必要があります。

3mix-DS法って本当に効くの?

確かに効きます。私も半信半疑で始めましたが、驚く程の効果です。
症例報告です。

症例1 | 症例2 | 症例3 | 症例4 | 症例5 ||| 石黒先生の症例 | 症例1 | 症例2

この7例に関しては抜歯になる可能性がきわめて高かった症例ばかりです。抜歯にならなかっただけでなく治癒しています。

特に私の 症例5
(歯根の周りが完全になってしまっている症例で、今までの治療法ではあり得ません、さすがに当院でも抜歯予定でしたが急性炎症があると抜歯ができないので、投薬とともにとりあえず3mixを使ってみた症例です。何故治ったのか?何故骨ができたのか?不思議な症例です)

石黒先生の 症例2
(この症例も歯の根が完全に折れている症例です、石黒先生もよくこんな症例を残そうと思ったものです。普通の歯医者なら100%抜歯です。抜歯にならなかっただけでなく根の周りに骨も再生しており素晴らしい症例報告です。)

こういった症例を写真で残せるのも、我々の治療方法で治る見込みがあったからです。

我々は全ての症例で写真をとっているわけではありません。特に 石浩歯科 の症例報告をみると、結果がわかる前にブログに症例写真をのせています。ようするに 良い結果だけを集めたものではない ということです。うまくいかなかった症例ものせて我々で検討しています。常に情報が公開されフィードバックされて常に改良されています。

3mix-mpは削らない、痛くない治療法なの?本当に一度で治療が終わるの?

3mix-mp法は削らない痛くない、治療方法だと言われていますが。かなりニュアンスは違うと思います。水分に非常に弱いので密閉性が必要で、密閉性をえるためには歯の表面を削る必要があります。歯がしみて痛い場合は表面を削るだけで痛みはおこります。
全く痛みがなく小さな穴だけで奥で少し広がっているような場合では削らない場合があるという程度です。

また、一度の治療で終わるとともいわれていますが。これにも問題があります。一度で終わる場合がある、、、また一度で終わるといっても応急処置で、永久歯であればまたきちんとした治療でやり直す必要があります。既存の治療を否定するものではありません。また応急処置がうまくいったかどうか確かめる必要もありますので、何回か通っていただく必要もあります。

では3mixを使うメリットは?

最大のメリットは既存の治療方法で、不可能だった治療が可能になることです。
いままで神経を抜かなければいかなかった歯を神経を残したり、抜歯しか考えられなかった歯を抜歯しないで残したりすることができるのです。むし歯菌を殺し て、再生可能な象牙質の再石灰化を期待します。ですから再石灰化の確認も必要になります。また100%望ましい結果が得られるものではありません。ただ高 い確率で効果は得られます。

安全性は?

使用するのは抗生物質です。いままでの抗生物質は口から飲んで、血中にとけだし、全身をまわって歯に届きます。そこでばい菌を殺します。3mixで は直接歯に埋め込み歯の中だけで抗生物質が広がり歯の中でばい菌を殺します。作用機序はまったく同じですが、抗生物質が効く経路が違うのと、歯の中まで効 くということがちがいます。抗生物質は飲んでも効かないことがあります。同じ様に3mixも効果がないことがあります。決して絶対に効くというもの ではありません。効かなければ虫歯が進んで悪化する場合があります。また刺激が加わり痛みが出ることもあります。それは歯科全般に言えることです。

3mix自体が問題を起こすということは考えにくいです。抗生物質は食べても問題ないものですので。歯に埋め込み害になることはまず考えられ ません。ただアレルギーがある場合は問題になります。しかし歯に直接埋め込むため、抗生物質の量は経口投与の1/100程度で、さらに血中には殆ど入りま せん。アレルギーの報告もありません。
また食肉などは出荷の前から抗生物質を止めていますが、飼料に抗生物質が入っており止めたとしても牛乳や食肉や卵にも検出されないだけで極僅かの抗生物質 は入っていると考えられます。歯に埋め込み漏れが無い場合には、象牙細管をとおって歯から漏れ出す抗生物質の影響は殆どないと考えています。使用する抗生 物質にアレルギーがある場合でも安全に使用できると考えていますが、それが認められた場合は念のため、その抗生物質を避けて使用することになります。

3mix-DS法(改良法)って何?どんなメリットがあるの?
3mix-mp法(源法)とどう違うの?
昔からある3mixというのもあるのですが?

3mix法と3mix改良法は基本的には同じものです。3mix-mp法(源法)にしと3mix-DS法にしろ、全ては薬の密閉性にかかっています。最近の3mix法が講習を受けた一部のドクターしかできないといわれているとおり、薬の調剤や保管方法や治療方法がかなり厳密に管理されています。マニュアルどおりにやらないと、もしくはマニュアルどおりにやったつもりでもなかなか効果があがりません。講習会に出た先生や、3mixの本を読んで試された先生に「月見歯科のブログにあるほどの効果が出ない、教えて欲しい」という問い合わせがあります。押さえる要点としては密閉性だけです。

3mix-mpがいわば 認定されていなければ効果が望めない特別な技術がいる 方法であり。

我々の改良法3mix-DSは だれでも確実に効果が出る簡便な方法です

3mix法は確実な治療方法ではありません、歯がしみるなどの神経の正常な生活反応があれば神経を抜く可能性は極めて低くなります。処置をして2日くらい痛みがでてそれがおさまれば薬が浸透して効果が出たということです。3mixは密閉性が命です。少しでも漏れがあると、薬はその浸透性の良さのゆえ、時間がたつと3mixの効果がなくなり効果が無くなるどころか隙間ができてムシ歯が進行しやすくなります。
多くの先生が薬が柔らかすぎたり、多すぎたりして溢れたりして思う結果が得られないようです。特別な技術はいりませんが、無効な処置をしている先生が少なくないようです。

もし源法とおりに化学重合のグラスアイオノマーセメントを使用するなら、

  1. 2重仮封が必ず必要になります。
  2. また密閉性を高めるためには必ず辺縁を削って新鮮面を出すこと
  3. 3mixを硬めに練って少量使用すること、量が多かったり、どろどろだと流れて密閉性がとれない

この三点を守れば、かなりの確率で効果が得られるはずです。かなり化学重合のものではかなり難しい処置になります。

さらに、改良法では光重合のグラスアイオノマーセメントを使用することがポイントで、

  1. 流れが良い
  2. 密閉性が高い
  3. 操作性が良い

というメリットがあり効果が格段に良くなります。光で即時に固めることができますので、薬の密閉は格段に良くなります。薬の配合、保管は本に書いてあるほど厳密でなくても充分効果がえられます。帰って冷蔵庫に保管すると結露がつき良くないように思います。私の医院では室温で保存しており問題はありません。

もう1つ注意が必要なのは、粉にした薬は1ヶ月ほどで使いきる、調剤して練った薬は24時間以内に使いきるということだけです。

もともと10年程3mixが以前流行った時に3mixが粉なので密閉性が低く、成功率はあまり高くありませんでした。この時にIPCといって光重合のグラスアイオノマーセメントだけで、歯随を保護できるというカナダのマニトバ大学の論文を見て、この治療法を採用しそれで良い成績をおさめていました。これも密閉性が重要で歯随が保存できるかどうかの重要な因子でした。むし歯が深く痛みがでている場合は効果がなかったのですが。これと3mixを併用することによってお互いの長所が活かされ、良い結果が得られています。もともと光重合グラスアイオノマーセメントのみを使用したIPCは、3mixと変わりないという意味で 痛くない削らない一度で終わる治療方法です。ただ既存の材料を使用した地味な治療方法で3~6ヶ月で治療をしなおす必要があり、保険請求できなく応急的な意味合いが強くあまり採用する先生はみえませんでした。月見歯科では 神経を抜かない治療法としてやっていた治療方法です。別に3mix-mpが特に目新しいわけではありません。2つの治療法を併用することによって確実に効果がアップしています。

3mix法の源法では3mixが光に弱い薬剤を使用しているので、光重合のグラスアイオノマーセメントの使用を禁止していますが、これが固まるまでの数秒光をあびたくらいで薬が変性して効果がなくなるとは思えませんし。実際効果はなくなりません。

この光重合グラスアイオノマーセメントは密閉性が抜群で操作性も良く、これをつかった3mix改良法は3mix源法より断然効果が高いと思っています。どちらかといえば、3mix-DSは光重合グラスアイオノマーセメントのIPCに3mixを併用したといったほうが正しいかもしれません。

3mixや3mix改良法は日本が世界に誇れる画期的な治療方法だと思います。これを開発された宅重先生を尊敬しておりますが、3mix-mp法の研究会である先生が月見歯科を名指しで「いんちき治療方法」「でたらめな3mix法」として取り上げられていました。それに関して質問状を送ったのですが返答は得られていません。良い部分は取り入れ、多くの患者様が恩恵が受けられるように情報は開示されると良いと思うのですが、3mix源法に関しては「技術が必要な方法」として一部の先生しか効果が無いとされています。私達は開発者の先生を尊敬していますが、開発者の先生やそれを取り巻く先生たちは我々の手法を決して認めたくはないようです。
非常に残念なことだと思います。しかし上の症例に示すとおり認めたくなくても認めざるとえなくなるでしょう。

3mix-DS法(3mix石黒佐藤法)

3mix-DS法はいままであった3mix法(第一世代)とは全く違うものです。また3mix-DS石黒佐藤法は新しい3mix-mp法(第二世代)に改良を加え、最大の欠点である、3mixの汚染を避け、薬の効果を最大に引き出す第三世代の方法です。
また効果の発現は強力な浸透力のため抗生物質が歯に染み渡るという単純なものです。
3mixといい3種の抗生物質を使いますが、実は抗生物質はなんでもかまいませんし、一種類でも充分に効きます。

月見歯科、石浩歯科では3mix-DS法について、情報交換し今後情報公開していく予定です。情報はフィードバックされ常に改良されています。
また名前は自由に使ってもらってかまいません。

石浩歯科

得に乳歯では良く浸透するようで、タービンを嫌がるお子様でも、虫歯の穴を軽く清掃し歯を削らないで歯の表面を薬液処理しそのまま、3mixをおき、最も密閉性の高い光重合のグラスアイオノマーセメントで完全に密閉します。多くの症例で腫れたり、痛んだりしていた歯が2日程で完全に症状が消失します。

永久歯でもその効果は高く金属が被っている場合は、小さな穴をあけ3mixをおいて、密閉するだけで、数多くの、腫れたり、痛んだりする症状が2日程で消失します。

一部の歯科医師が3mix法は特殊な治療法で自分達しかその治療法ができないようなことを言っていますが、我々の改良法であれば歯科医なら誰でも非常に簡単にできる治療法です。効果があるかないかは薬の 密閉性 にかかっています。密閉性を高めるには寸法変化の少なく操作性の良い 光重合グラスアイオノマーセメント を使用する3mix-DS法が、最適です。

小児で9割り以上、成人で8割程度の改善傾向があると思います。使う薬は抗生物質でアレルギーが無い限り飲んでも害がありません。またその量は1錠の1/100程度で、さらに歯の中に完全に密閉されるため、血液には移行しないと思われます。アレルギーの報告はいまのところありません。歯の中だけの細菌を殺すと言う理想的で画期的な療法です。

3mix-mp法(第二世代)ではAD-ゲルまたはEDTAによる歯面処理、フジ9という操作性の悪いセメントを用いるため、手技が煩雑になり歯面の汚染を招き、改善率が低下するものと考えられます。密閉という部分から考えると圧倒的に不利です。

改良法といっても、セメントを光重合に変えただけの非常に安易なものです。歯面処理も光重合セメントの付属のプライマー(処理液)で充分であり。光重合セメントは非常に操作性が良く、操作時間が短いということだけで薬剤の汚染に頻度が格段に少なくなります。効果も格段に良くなります。

何故、第二世代の3mix-mp法が光重合セメントを使用しないのか全く不思議です。光に弱い抗生物質が含まれるから、光で固めるセメントを用いないようですが、一時的に光をあてたところで瞬時に構成物資の効果がなくなるはずがありません。また3mix法は画期的で歯科の概念をひっくりかえすかもしれません、「基本に忠実でないと効果がない」とか「講習会をうけなければならない」とかかかれていますが、そんなことはありません、歯科医ならだれでもできる極めて安全で効果の高い方法だと思います。今後3mix-DS石黒佐藤法、、、第三世代3mixはオリジナル法よりも 簡便で効果が高い ため、世界に広がっていくでしう。

3mixをしている先生はその効果が実感できていなければ駄目です。特別な技術なしに症例に示したように驚くべき効果があるのです。

月見歯科では歯科医療の向上のため、情報はすべて提供していきます。石黒先生からはかなり多くの情報と症例がフィードバックされ、協力してより簡便で確実な方法になったと自負しています。今後はこの詳しい治療方法をホームページ 3mix-DS法(改良法)公開していきます。オリジナル法と違いどこの歯医者でもこの治療方法を使える様にし患者様の利益が広がるように努めてまいります。近くの歯医者さんにもこのホームページを教えてあげてください。

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。