口臭対策のそれぞれの理由

舌とだ液の状態をよくすること

だ液と舌苔の関係は大きく、だ液のコントロールが口臭を左右します

だ液はいろいろな要因で出たり出なかったりします。口臭対策はだ液対策でもあります。

水分、舌の運動、自律神経などいろいろな要素がだ液が出ることにかかわっています

さらさらした唾液が出続けることが口臭対策にはもっとも必要なことです

朝起きて歯をみがくこと、

口の中の細菌が一番増えるのは睡眠中です。だ液の分泌が減り細菌が増殖して天文学的数字になります。起床時の口臭は生理的口臭ですが細菌数を減らす為にも朝起きてすぐの歯ブラシは好ましいことです。市販の歯磨き粉はつけないか、ごく少量の天然塩にしてください。歯磨き粉に入っている表面活性剤(石鹸成分)はだ液の分泌を抑制してしまいます。アルコール入りのマウスリンスもアルコール成分がだ液の分泌を抑制し口臭の原因となります。

舌磨きをしなこと

舌磨きは口臭の原因となる舌苔を取るために行われますが、舌はとてもデリケートで、舌を磨くことにより粘膜の表面が削げてしまい、剥離した上皮が臭いのもとになることがあります。だ液に不純物がまざると性状を悪化させます。舌が炎症性の反応を起こすと舌苔がよけいにつきやすくなります。目やにやおりものと同じです。

舌の状態を良くすることは口臭をなくすことに直接つながりますが、舌を磨くことは舌の状態を良くすることにはむすびつかないばかりか、粘膜を傷つけることにより、舌とだ液の状態をより悪くする可能性があるのです。舌をみがかないで舌苔がつかない健康な舌の状態を維持することが大切です。

舌磨きをする人の多くはやや赤みをおびた病的な舌を綺麗な舌と思っています。

それは間違いで、やや白っぽい薄いピンク色が正常な舌の状態です。

コップ1.5(約300cc)の水を飲むこと

朝起きて水を飲むことは自律神経のスイッチが入りやすくなります。私は朝起きて水を飲むようになってから、便秘が治りました。毎朝排便があります。

水はこれから取る食事のための唾液の材料になります。

大きく口をあけ舌の運動をすること

口を大きくあけることは、中国の気孔やインドのヨガにも取り入れられています。唾液腺の管は噛む筋肉の表面を走っており咀嚼と深いかかわりがあります。舌の運動も唾液の分泌を促進します。食事の準備体操にもなります。

朝御飯を食べること

自律神経のスイッチを入れます。オートマチックに唾液の分泌を促進し、消化を助けます。口での消化がうまくいけば、胃、腸と自然に働きやすくなり。消化がスムーズに行われます。

一口で30回噛むこと

良く噛むことは唾液の分泌をうながし、自律神経(副交感神経)を活性化します。一口を少なくして30回以上噛むようにしましょう。朝食は粉もの(パンやうどんなど)は避けましょう。一日の始まりで良く噛むことが、一日の自律神経のバランスを良くします。

食事中水やお茶で食べ物を流し込まないこと

唾液の分泌を阻害してしまいます。水分は食前にとって唾液の原料にします。

コーヒーやお茶は食後の一杯のみ

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれ利尿作用があり、唾液の分泌を抑制します。精神的なリラックスを得るための食後の一服のみにとどめましょう。

緑茶はカテキンなどのポリフェノールが入っているため口臭に良いと考えられてきました。しかし常飲すると唾液を減少させ口臭にとっては逆効果です。

コーヒーは口腔内のpHも低下させ口臭の原因にもなります。コーヒーを飲んだあとは舌を中心にうがいをしましょう。

また糖分の入ったスポーツドリンク、ジュース類などもpHの低下をまねき口臭の原因になりまた虫歯を誘発する恐れがあります。常飲するものとしては水が最適でしょう。

舌を中心にうがいをすることについて

食べ物の残査は歯の間ではなく多くは舌の上に残っています。歯の間に残っている食べかすはわずか10%です。食べかすが多くのこるとpHが低下して、細菌の活動が活発になり口臭の原因になります。舌の上に水を含み舌を上顎(天井)にゴシゴシこすりつけて舌の掃除をします。粘膜と粘膜であればこすりつけても傷はつきません。

食間に水を飲むことについて

水分で口の中を潤すのが目的ではなく、水分不足では唾液が出にくくなってしまうため唾液の材料である水を補給します。唾液には保水効果、殺菌効果、豊かな酸素が含まれ、口臭ガスを発生する細菌が活動できなくなります。

寝る前に歯を磨くことについて

細菌は寝ている時の増加します。寝る前にできるだけ菌数を少なくしておく必要があります。

ガムまたはだし昆布をなめることについて

口の中に異物があると人はそれを溶かそうとして唾液がたくさんでます。なかなか溶けない安全で虫歯にならないものを舌の上においておくだけで、唾液はさらさら流れ、自然に舌が動き舌の上の汚れをとってくれます。舌と上顎の間に空間もできます。さらに唾液が流れやすくなります。

昆布には保湿効果と消臭効果があります。ガムは丸めて舌の上においておくと舌と上顎の間に適度な空間が勝手にできます。

笑顔をつくる、胸をはって上を向くことについて

口臭がしやすい人の舌は上顎にべったりとひっついていることが多いです。これは良い状態ではなく、さらさらとした唾液の流出がおこらず、舌の上に酸素が到達しないため嫌気性菌が増殖して口臭の元になるガスが発生します。そのガスは舌によって閉じ込められているため濃縮され、喋り始めに臭います。

普通、笑顔をつくると舌と上顎の間に空間ができます、、、、

実は私はこのことの意味がわかりませんでした。笑顔をつくっただけでは上顎と舌の間に空間ができませんでした。

胸をはって少し上を向いて笑顔をつくると空間ができました。そういうことなのか!と理解ができました。普通のことができなくなってしまっていると、なかなか普通のことが理解できません。

笑顔をキープすることは口輪筋を鍛え口呼吸も改善します。口角が上がれば表情も良くなって小顔になれますよ。

逆に口を閉じ下を向いていると、舌が上顎にべったりついて口臭が発生しやすくなります。

食間に一服のお茶、コーヒー、おやつなどの間食も可

飲食をした後には舌のケアーが必要です。pHの低下を防いで唾液の分泌を促進させてあげればある程度の飲食はかまいません。口臭予防は楽しく続けていくことが大切です。

楽しくケアーすることでは、自律神経の安定にもつながるのです。

寝る4時間前までに水以外の飲食をできるだけ避ける

自律神経のバランスが悪く入眠障害がある人で寝酒が習慣化している場合は多く認められます。寝酒を禁止することでそれが心理的ストレスになってしまってはいけません。

好ましくないことは取り除くのはベターですが、バランスが考えて判断しながらケアーしていくことが大切です。

お酒やたばこに関しては節度あるコントロールが必要です。

詳しくはほんだ先生の口臭対策室を参照してください。

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。