歯牙移植

※全ての症例が上手くいくという訳ではありません
月見歯科では歯牙移植を積極的に取り入れて治療しています。
ここでいう歯牙移植は親知らずなど必要のない自分の歯を抜かなければならなくなって抜いた後に移植するという自家移植です。

自分の歯ですし骨の造成も認められます。
歯牙移植を積極的に取り入れている歯科医院はまだまだ少なく、より多くの歯科医院でインプラント治療の前にもしできるのであれば選択して欲しい方法です。

歯牙移植手術をやっていて上手くいけば我々の経験にもなるし患者様も喜ばれます。
一般的に残すことが不可能な歯が残ることは本当に喜ばしいことです。
ただこういった技術は誰にでも提供できるわけではありません。
全てがうまくいくというものでもなくさらに悪化した時は凄く腫れるしもう一度抜かなければいけません。
上手くいっても長い治療期間が必要になりますし、骨が固定して最終に補綴物が入るのに3~6ヶ月かかります。
また数年たってからでも内部吸収がおこり抜け落ちる可能性もあります。

「お金を出すから治してくれ」ではお断りしています。
我々の成績が患者様のレベルに依存しているのです。

自ら治そうという気持ちの無い人には細胞にも自ら治ろうという元気がなく、我々が良い結果を出すことができるのは患者様が我々の治療を理解しそれに取り組んだ証です。
自分の力でしか治って来ない。
我々はそれをサポートすることしかできないのです。

我々の理念は「キラキラサポート」
患者様の歯や口の中が綺麗にキラキラと輝き人生がキラキラ輝くそれをサポートすることが我々の仕事です。