歯を残すということ(歯牙移植など)

歯を削ったり抜いたりすることが歯医者の仕事ではなく、歯を残すことが歯科医師の仕事だと思っています。しかし歯科医師の業務は多くは歯を削ったり、抜いたりすることになってしまっています。できるだけ歯を残すことが歯医者の仕事だと思いたい。


歯にヒビがはいっていたため抜歯したらバラバラに割れていました

幸い月見歯科には歯をどうしても残したいという患者様が集まって来ます。北海道や、広島、伊豆大島、遠くはニューヨークからわざわざ月見歯科を受診される 方がみえます。

「ダメもと」でやってみる、ということが許されています。


接着剤でくっつけて 元の歯の形に戻しました

この症例では歯にヒビがはいり歯がグラグラになってしまいました。
スーパーボンドという矯正用の接着剤は骨を誘導することが知られています。
この接着剤で歯の形に戻し抜歯した穴に戻します。これで骨が再生してくるのです。今は世の中ではインプラント、インプラントと騒がれていて、安易に歯を抜いていんプラントを入れたがる歯科医師が増えているように思えます月見歯科でもインプラントははっていますが、歯が残せなかったり、移植が出来なかったときに最後の選択肢でも良いのではないでしょうか?
インプラントって悪いものではありません、最近はかなり良いものができていて症例を選べば非常に成功率が高く、選択肢の一つとしてとても有効ですが。何でもかんでもインプラントはいきすぎです。


元の抜歯した穴に歯を戻しました

こういった症例は抜歯再移植といい、月見歯科では私と渡辺先生で、患者様の同意を得て行っています。
こんな事を書くとどうやっても残せない歯を、なんとかやってくれという患者様もいますが、我々が無理だと思う歯は、残すのは不可能です。

お互いに残せるかもしれない、やってみましょうという気持ちが良い成績をうんでいるのではないかと思っています。抜歯再移植及び移植は非常に成績が良く、予後も悪くありません。天然の歯ではインプラントと違って骨の再生もしてくれます。

この症例も補綴が終わり、術後は良好で何でも噛めるし症状はありません。移植が困難とされる60才以上の患者様です。いくら成績が良いといってもこのように細かくバラバラになった歯ではどれだけ持つのかはわかりませんが、悪くなったらインプラントやブリッジを考えれば良いでしょう。

根の治療で歯を残す


根の周りの骨がとけてしまっています。

これも一般的には抜歯になる症例です。根の周りの骨が溶けて、歯周病と根の先の病巣がつながってしまっているので、残すのは困難な症例です。
月見歯科では根の中につめる薬はオブチュレーションガッターと普通にもちいられるガッターパーチャポイントを使い分けています。今回の症例はオブチュレーションによるもので、特に困難な症例では、密閉性の高いオブチュレーションをメインにつkっています。根の中をうめているものと根の先に出ているのがオブチュレーションガッターで、根の先から出ても白血球が食べてくれるので数年かかって自然になくなっていきます。今回のように大きなものでは異物反応をおこして自然に体外に排出されることも珍しくはありません。


根の先にあった余分な薬が浮いて来ています

根の先にあった余分なオブチュレーションガッターは浮いて来て体外に排出されました、根の周りには骨ができてきてます。不可能と思われる症例でも患者様と歯科医師に、残したい、治したいという意識があれば、それだけで歯を残す、治す環境は整うのです。環境が整えば骨も再生してきます。

これらの症例は歯周病のの治療も並行しておこなっています。根気よく通院する必要があるのと、全ての症例で上手くいくわけではなく予後を保証するものではありません。

歯周病治療で歯を残す


歯周病治療によって骨が再生しています

歯周病治療は生活習慣によるものが多く、一度悪くなってしまったものは「治らない」とされています。月見歯科では歯周病治療で手術をすることはありませんが、殆ど歯肉も退縮することなく(全くではありません)ポケットが再付着し骨が再生してゆきます。経過は2、3年から数年とわたっており、徐々に改善していくものです。

歯周病治療は本当は「治療」というより月見歯科がこだわっている「ケア」そのものです。

歯周病治療においては本当に患者様に頭が下がります。

私自身恥ずかしながら歯周病って治らないものだと思っていました。しかし治らないまま月見歯科に通っていただける患者様が何人かいて、その方々に育てられたようなものです。この症例のF様もその一人です。歯周病は薬や手術で治るものではありせん、もしそれで改善したとしても一時的なものです。月見歯科ではケアのみより歯周病は良くなると考えていますし、骨が再生することは珍しいことではありません。

3mixで歯を残す


歯の周りの骨が完全に無くなっています、一般的には100%抜歯の症例

歯の周りに骨ができています。

3mixは学会ではみとめられていない方法です。歯に抗生物質を染み込ませるので、効果があるのは全く不思議ではありません。臨床上では明らかに効果があり、その効果に疑いの余地はありません。右に示す症例は、普通の治療では有り得ないのですが、学会で認めない人達はこの写真をみてどう説明するのでしょうか?
最初にこの症例の患者様が来院されたときは、かなり腫れていました。さすがにこれを残すのは無理だとおもったのですが、抜歯を説明し、また「ダメもと」を説明し患者様の同意をえて、実験的に3mixを応用した症例です。

結果2年もの間症状が無くなんと骨が再生しているではありませんか、、、
根の治療をして暫くしたらもっと骨が出来て今では完全に問題のない状態になっています。

可能性があればやってみる、3mixも移植も歯周病治療も、「ダメもと」でやってみる事から改善していく症例がでてきます。抜歯になる歯であれば、やってダメならしかたがないし、もし上手くいけば儲けものです。この「儲け」は我々の経験になり自信になります。
なによりも大切なものだと思います。

手術によって歯を残す

術後

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。