肩凝りと歯科

リンパマッサージでは首の凝りがなくなります。しかし肩の凝りに変化がないのが特徴でした。解剖を勉強していくうちに肩まで凝りを無くすのを広げることができるようになりました。これは大きな発見でした。頬(咬筋)のリンパマッサージをすると後頚部の筋の緊張がとれます。この時肩には変化がありません。頚部の筋の緊張状態が改善したあとリンパマッサージを頚部まで広げ肩の運動を行います。術後数分で肩の凝りが改善してきます。

防御反応と喰い縛り

人は何かの衝撃をうける時、歯を喰い縛り肩をすくめ猫背の状態になります。これは頭を守る防御反応です。お化けなど精神的ストレスでも同じ体勢をとります。ストレス社会では過剰に防御反応をとり血流が障害されてしまいます。それが凝りの状態を作り上げてしまいます。咬む筋肉(咀嚼筋)頚部の筋肉(前方は舌骨筋と呼ばれ咀嚼筋です)肩の筋肉が緊張したままになり疲労物質がたまった状態です。

咀嚼筋→頚部の筋肉→肩の筋肉と血流障害が広がっていくため、肩の筋肉だけをほぐしても咀嚼筋や首の筋肉がそのままであればすぐにもとにもどってしまいます。逆に咀嚼筋をほぐすと自然に頚部の筋がほぐれ、頚部の筋のリンパマッサージをし外転運動をすると肩を触らずに肩の筋肉をほぐすことができます。咀嚼筋や頚部の筋が緊張したままではいくら外転運動をしても肩の筋はほぐれません。また無理な運動が肩を痛めることもあります。

肩の血流改善は咀嚼筋頚部の筋の緊張の再発を防止する役割があります。リンパマッサージをして肩の運動を行うと自然に正しい姿勢がとりやすくなります。この正しい姿勢が頭を正常に支え筋の過緊張をおこりにくくします。しっかりと自己管理が必要になります。また肩の凝りが再発するようであれば、自己管理に問題があるか、噛み合わせに問題が残っているのがのどちらかです。

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。