心拍数の維持

痛みの除去

心拍が増えるということは痛みのコントロールができていない可能性が大きい

ボリュームの負荷

全身麻酔、硬膜外麻酔では血管の拡張がおこり相対的ボリュームが小さくなり、プレロードが低くなりやすくなります。また人工呼吸による陽圧呼吸がプレロードに拮抗してさらにボリュームガ必要になります。

カリウムの補正

全身麻酔ではカリウムが低下します。低カリでは心拍が上昇するためカリウムを補正します。

副交感神経の遮断

副交感神経優位にならないように心拍を維持します、心拍が70以下になった場合は随時副交感神経遮断薬を投与します。

心拍が60~80は正常です

100前後であれば軽い運動をしている状態です

130以上であれば心臓は相当無理をしています。

軽い運動でも何時間もすれば疲れますよね、心臓に問題のある人に軽い運動を数時間も続けたらよくありません。麻酔中やICU管理では心拍を70~80(成人の場合)に保つことが大切です。

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。