プラークコントロールからpHコントロールへ

歯を磨いていても虫歯になる人の為に

虫歯は口の中が酸性になることにより歯が溶け歯に穴があいたものです。虫歯を防ぐには口の中を酸性にしなければいいのです、それがpHコントロールです。pHコントロールができれば虫歯にならない体質になります。

今まで唾液検査をして虫歯になりやすいかどうかの検査はされてきましたが、「虫歯になりやすいから歯を良く磨いて気をつけましょう」などの指導だけで、緩衝能を改善していこうという概念は存在しませんでした。口臭治療では唾液検査を行い、生活指導、食生活指導をしていくとpHの改善が認められます。pHコントロールは可能なのです。このpHコントロールは歯科そのもののあり方を変えていくと考えています

虫歯菌が糖を分解して酸を産生します。今まではプラークコントロールといって虫歯菌を少なくするすることに重点を置き歯ブラシ指導がメインになってきました。確かにプラーク(細菌)が少なくなれば、酸の産生量は少なくなります。しかしpHコントロールはそれだけではありません。

以前は酸を産生しやすい砂糖そのものを制限するシュガーコントロールということもしていました。糖をとってから20~30分が口の中のpHが5.5以下になり歯が溶けると言われています。

口の中のpHコントロールで一番重要なのは「唾液」です唾液は弱アルカリ性で酸を中和します、この酸を中和する能力を緩衝能といいます。この緩衝能が低い場合、唾液の量が少ない場合、粘膜そのものが炎症を起こすと酸性に傾きやすくなります。逆に唾液の緩衝能が高い場合は一旦酸性になってもすぐ唾液により酸が中和されます。アルカリ性の環境では歯は再石灰化されどんどん強くなっていきます。歯をほとんど磨いていないのに歯が綺麗で虫歯が無い人がこれにあたります。綺麗な水がさらさら流れている小川では小石はよごれることがありません。水が少ない状態、有機質が多い状態、石鹸が残っている場合は小川では無くドブ川のようなもので、いくら綺麗にその中の小石を磨いてもすぐ汚れてしまいます。皆さんが思われる様に、水は唾液、有機質はたべかす、石鹸は歯磨き粉、小石は歯を例えています。

緩衝能が低く唾液が少ない状態で炭水化物を含む糖質が口にはいると、口の中は強い酸性のまま歯がどんどんとけていきます。糖質の口腔内の残存、細菌の数、唾液の環境すべてをみていくのがpHコントロールです。意外にも歯磨き剤の界面活性剤の成分が口に残ると口の中は乾燥し酸性に傾きやすくなります。

唾液の質の改善、量を確保、たべかすの除去、歯磨き粉に含まれる界面活性成分の除去を行っていくのがpHコントロールです。

1、唾液の量をコントロールする

朝起きてから食事までの間にコップ一杯半(300cc)の水を飲みます。口が乾燥した状態では唾液の分泌が少なくなります。唾液の分泌は自律神経で調整されており食事が入る前の準備になり速やかに分泌されやすくなります。良く咬むことにより唾液は分泌しやすくなります。一口で30回噛むようにします。

食事中はお茶や水を飲まない

お茶や水で食べ物を流し込むと唾液の分泌が減ってしまいます。お茶のカテキンは消毒効果など色々な効果が報じられていますが、緑茶、紅茶、ウーロン茶などはカフェインを含み唾液の分泌を抑制します。食後の一杯にとることはかまいませんが、何ごとも取り過ぎは良くありません、常飲は避け飲んだ後はガラガラうがいをして口の中に残らないようにしましょう。

2、唾液の質の改善

新鮮な唾液は質が良く、量を確保することにより質は改善されます。口腔ない粘膜の炎症や食物残渣などがあると粘膜は乾燥しやすく、流出した唾液の質がすぐ悪くなってしまいます。表面活性剤などの異物、食物残渣などを除去し口腔内を清潔に保つ必要があります。

3、たべかすの除去

食物残渣があると細菌がそれを分解してpHが低下します。炎症の原因にもなります。いままでは歯のみの食物残渣だけをブラッシングでとろうとしていましたが、歯についているたべかす(食物残渣)は全体の10%にすぎません。舌の奥についた食物残渣をとる必要があります。口の中全体を綺麗にしなければpHコントロールはできません。歯だけを綺麗にしても口の中が汚れていたら歯はまたすぐよごれてしまいます。食後は舌を中心にしたうがい、上顎にしたをこすりつけます。またガラガラうがいを丹念にすることにより舌や粘膜に残った食べかすを取り除く必要があります。この時舌を磨いてはいけません。舌はデリケートな粘膜です、舌を磨くことにより、粘膜が剥離し唾液が汚染されます。舌にも炎症がおこり酸性になりやすくなります。食物繊維を含んだ食事をとったり、米をよく咬むことにより舌は綺麗になります。食後うがい(ガラガラ、クチュクチュ)などによって残った食べかすは取り除いてください(舌のぬるぬるがとれるまで)。歯磨き粉をつけないで軽く歯をみがいても良いでしょう。

4、界面活性剤の除去

界面活性剤は環境汚染の大きな原因の一つです。口の中の環境も悪化させます。唾液を汚染し舌の奥の糸状乳頭の間に残り、口腔内を乾燥させpHを低下させます。

朝、口の中を綺麗に保てば起きている間は安静時唾液で口に中は清潔でアルカリ性に保たれやすくなります。一旦歯磨き剤を使い歯を磨いてから、よくうがいをして歯ブラシもよく洗い、もう一度水がにがり水を使用して歯をみがき、水もしくはにがり水でよくうがいをして完全に界面活性成分を完全にをしてよく洗い流して下さい。新鮮な唾液(アルカリ性)で口の中を満たすことが重要です。キシリトールガムを噛むのもいいでしょう。

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。