ホワイトニング春日井名古屋 最新ホワイトニング

院長の佐藤は今話題のポリリンホワイトの開発メンバーであり全国で講習会をしています。

1回 税込み31500円

パーフェクトホワイト

6回コース ただいま6万6千円

歯のホワイトニングとは!

ホワイトニングは歯磨き剤などや研磨剤でおこなわれる
1. クリーニングと
歯科医院でおこなわれる
2. 歯の漂白(ブリーチング)=いわゆるホワイトニング
とあります。

クリーニングには歯そのものを白くする役割はなく一般的には研磨剤で歯の表層を少しだけけずって汚れをおとします。ステイン除去とかいてある歯磨き剤の多くは研磨剤が多くまた粗くて歯が削れる量が多くてお薦めできません。歯科医院で使われる研磨剤であれば粒子が細かく歯がつるつるになればある程度汚れは防いでくれます。歯科医院でおこなわれるクリーニングはPMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)と呼ばれ歯を磨きあげ汚れが付きにくくなることを目的としています。一般の歯磨き剤やエステなどの歯のホワイトニングはクリーニングであり歯科医院ではPMTCのことをホワイトニングとは言いません。一般(歯科医院以外でおこなわれる)ホワイトニングは歯科ではPMTCや歯ブラシの範疇にはいります。

歯科医院でおこなうホワイトニング(まぎらわしいので以下ブリーチチングと呼びます)は薬剤をつかった漂白でありそれをおこなったり漂白作用のある薬剤を販売したりすると歯科医師の指導および処方がないと違法になります。
またブリーチには2種類のブリーチングがあります。

歯科医院でおこなう オフィスブリーチ
自宅でおこなう ホームブリーチ

それぞれを組み合わせておこなう場合もあります。

ホワイトニングにつかわれる薬剤は2種類過酸化水素または過酸化尿素です。日本では数社海外では数多くのブリーチ剤が販売されており様々な濃度のものがあります。

過酸化水素も過酸化尿素も活性酸素を出し歯や歯の表面にある色素を分解し歯を白くします。あと歯に含まれる水分が抜ける(物理的脱水)ため歯が濁る作用がありこのため歯が白くなります。歯のカルシウムが抜ける脱灰作用も少しありこのせいで歯が濁る(白くなる)とも言われています。

歯の構造としてはやや黄色い白(アイボリー=象牙色)の象牙質の上に半透明のエナメル質が覆っており。エナメル質の薄い日本人は欧米人に比べ黄色い歯をしています。

黄色い色紙の上に氷がおいてあれば氷は黄色く見えます。

氷が濁ごり雪になれば氷は白く見えます。

歯を白くするのは活性酸素による本当の意味の漂白と歯を濁らせるという2つの意味があり
ます。

ブリーチングによって失われた水分は9割が24時間以内に歯にもどってきます。
また多少脱灰されたカルシウムも再石灰化といって徐々にもどってきます。

そのため水分がもどる24時間は色のついた水分をとると歯が着色しやすくなるため
ブリーチをした後24時はコーヒー 紅茶 赤ワイン 醤油 チョコレート お茶 タバコなど着色するものはとってはいけません。

ブリーチは歯の表面からおこなわれるためブリーチをしてしばらくは着色物は避けたほうが良いでしょう。

ブリーチングでは物理的な脱水がおこります。この脱水によって痛みがしょうじます。

オフィスブリーチではより強い薬剤を使い痛みを伴うことが多くホームブリーチでは濃度が比較的薄いためオフィスブリーチに比べて痛みが出にくいと言われていますが歯が凍みやすい人はホームブリーチでも痛みが出る場合があります。

私自身かつては濃度の低い日本製のホームブチーチ材で痛みがでてブリーチを断念したことがあります。

生まれつき黄色い歯は歯科医師になるまであまり気にしたことはありませんでしたが
加齢にともないさらに黄色くなり不潔感があります。歯科医師として口元が不潔感があるのは
どうかと思いブリーチをしたのですがあまりの痛みに耐えられませんでした。

歯科医院で行われるブリーチングの欠点としては歯の表面が一時的に不安的になることによっておこる3つの大きな問題点がありました。

1.歯がしみる(痛い不快感あある)
2.歯が着色しやすくなる(24時間は着色しやすいものをとらない)
3.歯がまだらに濁る(縞状になることがある)

月見歯科のポリリンを用いたミネラルホワイトニングの大きな特徴は

1.クリーニング効果が強い
2.コーティング効果が強い
ことです。

歯の成分はアパタイトといってリン酸カルシウムの結晶です。
カルシウムだけでは歯の様に硬くはなりません。

ミネラルであるリンをもちいて歯に作用させるのがポリリンです。ポリとは多いという意味でこのポリリンが歯のカルシウムとむすびつくとポリリン酸カルシウムという柔らかい物質になり歯の傷をうめます。そして徐々に分解され硬いリン酸カルシウムの結晶になり歯の表面を強化します。

ポリリンによるクリーニングの作用機序は歯とポリリンが強力に結びつくため汚れを浮かします。(分解するのではなくただ浮かせるだけです)汚れが浮くことによってこれだけで歯はある程度白くなりお子様であれば歯に色素がはいりこんでいないため漂白であるブリーチングをしなくても生まれつき黄色い歯でなければ充分に白くなります。クリーニングにおいてもいままでの研磨剤によるクリーニングのように歯を傷つけたり削ったりしません。逆に小さな傷であれば修復してくれます。

研磨剤を使わないでクリーニングが可能になったのです。

普通のブリーチングにはクリーニング作用がありません。ですから研磨剤をもちいて歯の表面を磨き軽く傷つけてブリーチングをおこなうのです。
さらに最もメジャーな海外のホワイトニングのB社のブリーチ剤は中性とうたいながら酸性(強酸性に近い)ことは歯科医師でも知られていない事です。
白くなるのは脱灰(カルシウムがぬけること)のせいではないかと思える程です。

分割ポリリンをもちいたミネラルホワイトニングの凄さはここからです。
脱水によって不安定になった歯は飢えた状態になり浸透性や吸着性の強いポリリンを吸収しやすくなっているのです。
ポリリンとブリーチ剤である過酸化水素が歯の奥まで入り込みより
3.深部まで漂白し強化してくれるのです。

過酸化水素が色素を分解ポリリンがそれを浮かせます。分解された色素はその場にとどまった場合はまた結合して着色しますが浮いた色素は極めて再着色しにくくなります。

効き目が長くなりミネラルホワイトニングにおいてはオフィスブリーチだけで充分に白くなりホームブリーチより長持ちします。(ホームブリーチの必要がなくなりました)。

白濁させるホワイトニングではありません。
より透明になり輝く白い歯になります。

月見歯科のホワイトニング(オフィスブリーチ)は
ミネラルと酸素のみでおこなう
ミネラルホワイトニングです。

最新のホワイトニングは身体に害が全くなく歯が強くなり虫歯や歯周病になりにくくなります。

白い歯の3つの約束

1、透明感のある白い歯
2、歯を痛めません
3、凍みたり痛みが出ない

3倍白くなる!歯が輝くホワイトニング

透明感が極めて強く歯が輝くのがミネラルホワイトの特徴です。
アパタイトをもちいた着色実験ではもっとも効果が高い
ホワイトニング剤の3倍白くなるという実験結果がでています。

ミネラルにより歯を強化!
歯が汚れなくなるホワイトニング

着色しやすい嗜好品OK
ブリーチ剤との相乗効果によりミネラルが歯の深部に到達
歯の内部まで漂白しミネラルが歯質を強化します。

上の歯だけホワイトニングをしていますが染め出しをしても歯が汚れていません。
しかしホワイトニングをしていない下の歯は歯が汚れています。
症例は私の歯です。朝歯を磨かないで出勤し歯科医院で染め出したものです。
ミネラルホワイトではホワイトニング中にコーヒーや紅茶カレーやワイン、喫煙など着色する嗜好品をとることができるだけでなく、逆に着色しにくくなっていきます。歯周病の改善が期待できます。

歯が凍みやすい人でもホワイトニングができます。

私自身歯が凍みて痛くなってしまい、ホワイトニングを断念したことがあります。
このミネラルホワイトでは一般の人が痛みを感じないだけでなく。歯が凍みやすい人でも
ホワイトニングが可能です。多くの場合凍みていた歯も凍みにくくなります。
*歯が凍みなくなることを保証するものではありません*

高齢者でもOK

ミネラルホワイトでは浸透性が高くはの置くの色素も分解より白い透明感のある歯になります。
色素が深く浸透している60才以上の高齢者でもホワイトニングが可能になりました!

写真は60代の女性です。差し歯が目立たなくなっているのがわかります

白い歯って素敵ですよね、でも歯を白くするために歯を削ってしまったり、歯が弱くなったり、歯が痛くなってしまったら、汚れやすくなってしまったら、全く意味がありません

知っていますか?ホワイトニングによる歯の脱水!

今迄のホワイトニング剤は歯に作用し歯の水分を抜き歯が痛んだり凍みたり着色しやすくなるという欠点がありました。そこに分割ポリリン酸を応用すると脱水した歯と分割ポリリン酸が浸透し強固にコーティング歯を強くします。

透明感と白さの共存

ホワイトニング剤のブリーチに加えポリリン酸コーティングにより歯の表面がガラス化されより透明感のある白い歯になります。ツルツルの白い歯を実感していただけます。

歯周病を改善させるホワイトニング

歯がコーティングされ強くなるだけでなく、ポリリン酸ナトリウムは単独でも抗菌性があり、特に抗真菌作用が強く、歯周病治療にも期待ができます。月見歯科では歯周病治療において、分割ポリリン酸を応用し良い成績を治めています。ポリリン酸は生体内にも存在する安全な物質です。

愛知初!ミネラルホワイト

ホワイトニングのすべての欠点を克服したホワイトニング!
今迄のホワイトニングの全ての欠点がなくなりました。スタンフォード大学で柴博士(元北大準教授)とノーベル賞学者のアーサーコンバーグにようる研究によって生まれた分割ポリリン酸を応用した画期的なホワイトニングです。デメリットが全て解決し歯が強くなるという大きなメリットがあるホワイトニング。間違いなくこれからの歯科における世界的なスタンダードになってゆきます。

害がありません

ポリリン酸は化学物質ではなくもともと生体内に存在するものです。また
線維芽細胞や骨芽細胞を活性化することがわかってきています。
界面活性剤や研磨剤が含まれる歯磨き剤などより害は圧倒的に少なく
食塩より害がないのではないかと考えています。

早い、安い、簡単

ポリリン酸の歯髄保護性があるため、ブリーチ剤の濃度を高めことが可能です
さらにその浸透性によりより確実に白くなります。チェアータイムが短く
30分程度なのでコストを押さえることが可能です。

一般的なオフィスブリーチでは一回2万円以上が相場です。
1万5000円~7万6500円
http://www.chiryohi.com/shika/lis_white2_tokyo.html
月見歯科では6回で9万円、1回1万5千円円相当です。

※ホワイトニングは6回で5年以上効果が持続します。5年で9万円とすれば一ヶ月あたりの価格はわずか1500円です。ネールや美容院のなんと1/10程度です。

ただいま、ポリリンホワイトニング 6回で6万6千円です。
1回1万1千円相当
一日わずか40円以下

分割ポリリン酸に関する論文

2008 Kawazoe Y. Katoh S. Onodera Y. Kohgo T. Shindoh M. Shiba T.: Activation of the FGF signaling pathway and subsequent induction of mesenchymal stem cell differentiation by inorganic polyphosphate.
Int. J. Biol. Sci., 4, 37-47 (2008).

Yamaoka M. Uematsu T. Shiba T. Matsuura T. Ono Y. Ishizuka M. Naramoto H. Takahashi M. Sugiura-Tomita M. Iguchi K. Yamashita S. Furusawa K.: Effect of inorganic polyphosphate in periodontitis in the elderly.
Gerodontology., 25, 10-17 (2008).

2007 Hacchou Y. Uematsu T. Ueda O. Usui Y. Uematsu S. Takahashi M. Uchihashi T. Kawazoe Y. Shiba T. Kurihara S. Yamaoka M. Furusawa K.: Inorganic polyphosphate: a possible stimulant of bone formation.
J. Dent. Res., 86, 893-897 (2007).

2006 Yamaoka M. Nakamura M. Okafuji N. Yasuda K. Naramoto H. Shiba T. Uematsu T. Kurihara S. Furusawa K.: Bone mineral density in Hemifacial microsomia.
Oral Sci. Intl. 3, 28-34 (2006).

McInerney P. Mizutani T. Shiba T.: Inorganic polyphosphate interacts with ribosomes and promotes translation fidelity in vitro and in vivo.
Mol. Microbiol. 60, 438-447 (2006).

Itoh H. Kawazoe Y. Shiba T.: Enhancement of protein synthesis by an inorganic polyphosphate in an E. coli cell-free system.
J. Microbiol. Methods. 64, 241-249 (2006).

ホワイトニングって知っていますか?

何故歯が白くなるのか?
歯を白くすることなのですが、過酸化水素水を反応させて歯を濁らせるのです、たとえば黄色い紙の上に氷がおいてあったとしましょう!氷は黄色く見えます。この氷を濁らせると、、、氷が白くなり下の黄色が見えなくなります。歯の構造も奥がやや黄色い象牙質、表面が半透明のエナメル質でできています。このエナメル質を濁らせると歯は白くなります。それから歯についた色素を分解していくのです。

要点をまとめると

1、歯の表面のエナメル質を薬品で白く濁らせる
2、歯の表面についた色素を分解する

審美歯科の問題点

歯の色が悪いからといって、歯を削ってセラミックなどはるラミネートベニアや差し歯にしてしまう、馬鹿なことをする、患者様や歯科医師がいます。

だってそうでしょ!歯って身体の一部ですよ、、、削ったものは絶対に再生しません。ホワイトニングをすると歯の表面は粗造になりますがこれは再石灰化しますから問題はありません、シミやホクロをとるのも良しとしましょう!皮膚や再生しますから、、、

貴方はもし指の色がわるかったら、神経のある指(痛みの感じる指)を麻酔をかけてけずって、人工の骨や皮膚を身体に接着しますか?

そんな馬鹿なことをする患者様や歯科医師がいるのは私は信じられません。
歯って本来一生つかうものです。差し歯やラミネートベニアが何年もつのか?

歯並びが悪いなら矯正ですよ!歯の色が悪いならホワイトニングは良しとしていました、多少はが凍みたり、痛くなったり、一時的に着色しやすくなったりは仕方がないでしょう、、、歯には再石灰化といって歯の表面が脱灰しても唾液中のカルシウムをとりこみもとに戻る性質があります。痛みや着色は一時的なものです。

ポリリンを用いたミネラルホワイトでは

歯が凍みにくいのではなく→凍みていた歯が凍みなくなる

ホワイトニングで歯が着色しやすくならないのではなく→着色しやすい歯が着色しにくくなる。
歯が弱くならないのではなく→歯が強化される
歯が白く濁るのではなく→歯が白く輝く

これらの作用はすべてノーベル賞学者のアーサーコンバーグと柴博士の開発した分割ポリリン酸によるものです。
ホワイトニング剤にこの効果があるわけではありません。
ポリリン酸のみによっても全ての効果はあります。
ところがホワイトニングによって歯の表面が粗造になると
歯の表面の主成分であるカルシウムがむき出しになりとポリリン酸の主成分であるリン酸が強力に結合しコーティングされます。

このポリリン酸、単独では歯周病菌や虫歯菌を抑制します。さらに食品添加物にもつかわれ害がないばかりではなく、骨やコラーゲンを再生させることがしられており、歯周組織の活性化が期待できます。

ポリリンのみでは汚れを落とすだけで歯を白くする効果はあまり強くはありませんが、単独でも歯を綺麗にし輝かせる効果があります。

市販でも柴先生の開発したポリリン酸入りの歯磨き剤が売っていますが。注意しなければいけないのは、ポリリン酸には色々な種類があり、効果のあるのは柴先生が開発したものだけなのです。もちろん月見歯科でも扱っており、ホワイトニング中やホワイトニングの後の患者様には使って頂いています。歯の白さを維持することが可能です。

これはポリリンミネラルのみによるPMTC(歯科医院でおこなう、プロのクリーニング)ですが、歯の輝きがまったくちがいます。ポリリンミネラル入りは磨き粉だけでも効果はあります。

お子様の場合はポリリンミネラルを応用したクリーニング(PMTC)のみでかなり白くなります(保健対応)

ポリリン酸ナトリウムは弱アルカリから中性に調整されたものであり歯は一切溶けません汚れが溶けているように見えますがバラバラになるだけで溶けることなく細かい粒子が泥状になってとれてきます。
研磨剤も一切使っていないので歯が傷つくことも決してありません。歯に優しいクリーニングです。一旦ホワイトニングをするとこのクリーニングによって歯を白いまま保つことが可能です。

ミネラルホワイトニングにおいては、ポリリンのメリットがより大きくなり歯はより白くなります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

一般的にはオフィスホワイトニングは効果が短いと言われています。ポリリンホワイトでは過酸化水素の影響で脱水がおっこりそこにポリリン酸ナトリウムが過酸化水素水が入り込みより深部まで反応します。一般的には白さと透明感は両立しませんが深くまで反応するのでより透明感が強く、その効果が長持ちします。ポリリンホワイトでは単独でオフィスホワイトニングとホームホワイトニングをあわせた場合より長持ちします。

患者様だけでなく歯科医師の方の問い合わせも受け付けております。お気軽に質問ください

月見歯科 小児矯正 3mix デジタルレントゲン 無痛 歯周病 顎関節症 インプラント 口臭治療 ホワイトニング 名古屋市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 津島市 碧南市 刈谷市 豊田市 犬山市 江南市 小牧市  稲沢市 知多市 知立市  尾張旭市 岩倉市 豊明市 日進市 愛西市 清須市 北名古屋市 弥富市 愛知郡 西春日井郡 丹羽郡 海部郡 知多郡、県外では岐阜県、三重県、滋賀 県、兵庫県、静岡県、広島県、東京都より患者様が来院しています。